本物の実力のあるセールスレターの書き方

セールスレターの書き方は、

表現方法を意識した内容ではなく

本物ならではのものではなくてはなりません。

→ >> 本質のコピーライティング大全

本質のコピーライティング大全1_57640 本質のビジネスSEO術の億を生み出す機動力その効果

 

 

人の心を動かすセールスレター学べるサイトは、

本質のコピーライティングの戸田丈勝さんの本質の

コピーライティングの書き方と本物の実力に興味がある評判は

本質のコピーライティング大全の検証などの情報を公開しています。

 

それは、派手なデザインややりすぎ感もある演出方法ではなく、

本物実力の表現のコピーライティングでのセールスレターの 書き方は、

一過性のものであってはなりません。

 

真のセールスレターの書き方はここから始まります。

 

 

戸田丈勝さんが言うのには一本筋がとおた書き方があります。

表面的なテクニックにとらわれるものであってはならないです。

 

巷では、世の中のコピーライティング教材はほぼ全てが、

「表面的なテクニックに終始している」ことをご存知ですか?

 

 

表面的なテクニックで学んだライティングテクニックで書いた

セールスレターが全く売れないとかよく聞きます。

 

SEOを意識した書き方でセールスレター全体の文章が おかしくなり、

購入を考えている人たちから見向きもされないことも よくあります。

 

たとえ1回売れても次が売れない。

たとえ売れても返品、返金保証を 付けてセールスレターを書いたら

沢山の申し込みが来るから 困ったこともコピーライティングを調べるとよく聞きます。

 

 

先を読ませるテクニック・・・、

興味を抱かせるテクニック・・・

ヘッドコピーを作るテクニック・・・、

 

テクニックだけを並べれば山ほどあります。

あなたも多少は学んできたかもしれません。

→ >> http://www.sales-innovation.net/writing/

本質のコピーライティング大全2_57640

 

 

表面的なテクニックで学んだライティングテクニックでは、

売り込み記事を書いてはいけないと書いていますが、

売り込み記事を書かないと次の行動には移ってくれないものです。

 

 

それは、「成約率を上げる」ことを最大の目的としているのです。

もちろんそれは「当たり前」かもしれません。

 

買って貰わないとビジネスは成立・存続できませんから、

しかし、書けども書けども結果が伴わない。

 

その理由は簡単で、

世のライティング教材が「表面的」 なテクニックしか書かないから、

実践者が書けども書けども 結果を出す事ができないのです。

 

 

成約率しか見ていないセールスレターにそもそも原因があるのです。

もっと言えば、コピーライティングしか見ていないので 結果がついてこないのです。

 

成約率という表面的な言葉に終始したテクニック本に、

大事な事が抜け落ちているからに他なりません。

 

 

インターネットとビジネスの本質を見極めた実力者が

成功を勝ち取る時代です。

 

人間の心理を深く理解して優秀な人材を

働かせることができる企業が生き残る時代です。

今現在すでにそういう世界ですが、

今後それが激化されるという事です。

残念ながら時間を止めることは出来ません。

 

そんな時代に日本国が全世界が突入していく中、

今まで戸田さんがお伝えしてきたコピーライティングの重要性、

そして、 「人の心を動かすセールスレターが1枚書ける」どうかです。

>> 本質のコピーライティング大全

 

本質のコピーライティング大全1_57640

 

 

 

 

>> ネットビジネスで稼ぐための必須スキル、コピーライティングとは

>> ネットビジネスで稼ぐための必須スキル