Googleのアップデイトがまた更新されましたと!

%e6%96%b0%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%882聞きますと、また、ペンギンですか?パンダですか?

と思う位になりました。

やはりコンテンツが重要でしょうと行の文面が予測付くと思います。

もう、キーワードが重要でしょうと。 定番の答えが期待されると思います。

 

新しい、キーワードやコンテンツは昔から言われていること。

思っています。多少WEbのこと勉強したり調べたりした人達は

「そんなこと常識でしょう」という答えが帰ってきそうです。

また、その答えを要求傾向もあるくらいと思います。

 

Googleはコピペのコンテンツサイトや強制的に被リンクを

送る システムや手法を排除する傾向になりました。

やはり答えを予測したように、いま市場のキーワードは 常に変わります。

そのキーワードが変わる理由は、 市場の動向があります。

市場にはユーザーとライバルしか存在しないこと

「ユーザー(お客様)とライバル」が市場を作っていると 言っても過言ではない。

ユーザーが変化すれば市場は変化します。

 

ライバルが変化すれば市場も変化します。

その結果キーワードと コンテンツの内容も変化しなと

トレント先には立てなくなり そんな閉塞感を

Googleは常にアップデイトしています。

 

それが、

「パンダアップデイト」

「ペンギンアップデイト」

コンテンツの内容や被リンクの送り方、

非常識なWEBサイト構成 を規制する必要があります。

今回のGoogleのアップデイトは新たなアップデイトが登場しました。

それは、「鳥」です。

「ハミングバード」アップデイト。

 

検索エンジンのアルゴリズムはどのように変化するかは、

今後になると思います。

発表された内容は、検索エンジンのシステムの変更のようです。

 

 

Googleのアクセス解析どこまで信じればいいの?

GoogleのアナリティクスはGoogleの検索エンジンの

窓からキーワード入力して出来たキーワード結果です。

日本は、調べごとをする時7~8割はYahooの検索エンジンで

知りたいことや何かを確認したい時の検索エンジンは

「Yahoo Japn」からの検索でキーワード入力して調べています。

 

その結果はGoogleのアナリティクスには結果として入ってきません。

Yahooでの検索したデータはそかの方法で調べるしかないです。

例えば、「検索順位チェックツールGRC」レンタルサーバー内の

アクセス解析で調べる必要があります。

私は、お名前.COMの「アクセス解析+SEO総合診断」で調べています。

 

アクセス解析は必要です。

市場の変化を知るツールです。

市場には「ユーザー(購入者)とライバル」しかいません。

それは、常に変化します。

GoogleとYahooの検索エンジンの アクセス量と質を調べます。

キーワードとアクセス数が 違います。

Yahoo検索エンジからくるアクセス数が多いことに 気づくはずです。

 

乗っ取りされないサーバーの「お名前.com」や「エックスサーバー」。

テンプレートもアップデイトの変化に強い「 賢威7.0」が有効と 結果が出ています。

Googleのアクセス解析を上手に活用しましょう。

 

 

 

 

 

>> 集客⇒販売⇒コピーライティングとマーケティング