男はつらいもの「マインド」の持ち方で未来は変わる

男はつらいものです。
昔の男らしさと、今の男らしさとの違いに。

 

「男だから×××してはいけない」と、
(×××=チョメチョメ)と読んでもいいと思います。
ここで、×××=チョメチョメと読む人は、
ある年代以上の人たちです。
あなたは、何と読みますか?

話を戻しますが、
「×××」の中に思い浮かべる言葉はなんですか?
「×××=チョメチョメ」にどんな言葉を
思い浮かべますか?

 

こちらで用意した言葉は3つです。
この3つにこだわる必要はないですが、近い言葉でもいいです。
それでは、「男だから×××してはいけない」です。

 

・男は泣いてはいけない
・弱音を吐いてはいけない
・強くなくてはいけない 

 

 

この3つの言葉は、男女差別でないでしょうかと、
思う人いるかもしれません。

 

「男らしい男」を理想とする幻想が厳然としてあり、
理想通りになれない男たちが抱えこんでしまう問題。
これを「男性問題」と言います。

 

「男性問題」とは男の弱さの問題で、
男の弱さとは自分自身の弱さを認められない弱さ。
ねじれたややこしい弱さのこととされています。

 

男の「弱さ、強さ」とはなんでしょう?

 

男の「弱さ」は、理想が強く、
自分は強くなければならないと思い込むところにあります。

 

漫画やアニメでのヒーローのように偶像崇拝しやすい。
ウルトラマンや仮面ライダーと弱さとの葛藤の
ガンダムやエバンゲリオンのパイロットのような共存タイプ。

 

 

自分の弱さに正面から向き合い

弱い自分の存在を受け入れることで「強く」なります。

 

男はなかなか自分の弱いところ受け入れにくいものです。
特に女性の前だと男は絶対に見せないものです。

 

「弱さ」を吐露してはいけないと勝手に思い込んで、
そういう強迫観念から自己否定を男は続けるものです。

 

つまり、「男性問題」は、
「弱さ」を語る言葉そのものが、「男にはないという問題」です。

 

統計をみると、男性と女性では、
女性のほうがうつ病になっている割合が高いそうです。

 

しかし、

 

男性は重篤にならないと精神科を受診しない傾向にあります。
受診が遅れる理由は、男性の多くが、
「男は泣いたらいけない、弱音を吐いたらいけない。強くなければいけない」
という文化的、社会的プレッシャーとともに育てられてきたからです。

 

男は傷ついている自分の心や、心の疲れそのものを否認し、
無視することが習性になっている可能性があり、
アルコール摂取、つまり酒に逃げることが男性には多いとされています。

 

「悩んでるんだよね」、「まぁ、一杯飲んで忘れよう」
お互いの苦労話やグチをかわし、あとで
残るのはどうしようもないむなしさだけです。

 

そう言われてみれば、借金苦だといわれる自暴自棄も、
人に助けを求められない、弱音を吐けないのかもしれません。

 

「男性問題」とは男の弱さの問題です。自分の弱さを
受け入れ自分自身を変えることです。

 

変えることが出来るのは、「自分と未来だけ」
変えられないものは、「他人と過去」です。

 

自分の弱さや強みを正しく把握して、早く知って
早く手を打つことが出来れば、
弱い自分とは決別できると思います。

 

 

*———-*———*———*———*———*
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「守破離」の知識と経験値を併せ持つことを基本に
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」
⇒  http://goo.gl/J34XG2

1日5分の作業で気絶する程100万円稼げる!?

⇒  http://goo.gl/J9gX6z
*———-*———*———*———*———*

 

 

 

■夢リタ塾塾長 柴野コンサルティングサービス

・ウェブのマーケティングの全てを学ぶことができ、注目度が高い

・販売者 :柴野 雅樹

・販売URL: http://yumerita.jp/school/three/consulting/allcart/

>> 夢リタ塾塾長 柴野コンサルティングサービス

 

 

 

保存

保存

保存