今、アメリカを中心ポケモンGOがブームになっている!

ポケモンGO-1「ポケモンGO」は任天堂と「INGRESS」のNiantic社がタッグを組んだ

最新ゲームです。任天堂もスマホゲームに参入し、

その結果株価も上昇し、時価総額は3兆円超え。

ポケモンGO 日本版配信日が期待を持って待ち望んでいたが、

2016年7月22日(金)にようやく配信になりました。

 

 

 

「Pokémon GO」は特定の地図上にポケモンのキャラクターがいるのではなく、

実際の地図上、しかも航空写真、わかりやすく言うと「GoogleMap」の

ストリュートビューに現実の地図上にポケモンのキャラクターが

隠れていている。

 

スマホの位置情報を使うことで、現実世界でポケモンを捕まえたり、

バトルしたりすることができるゲームとなっている。

今世界で最も注目されている。スマホの対応OSはiPhoneとAndroidの

スマートフォンです。

 

公式サイトは「Pokémon GO公式、Pokémon GO特設ページ」

>> Pokémon GO公式の詳細はこちらをクリック

ポケモンGO

 

 

ポケモンを捕まえよう!

『ポケモン GO』はスマホ内の地球上すべてが舞台がコンセプト!

あなたは(プレイヤー)は、ポケモントレーナーとして、スマホの画面を使って

現実世界のいろいろな場所を歩き、探索して、ポケモンを捕まえることができます。

 

ポケモンは世界中のあらゆる場所で目にすることができます。

「現実世界で、ポケモン探しの旅に出よう!」

 

 

「基本的なポケモンの捕まえ方」

公式サイトより、『ポケモン GO』の起動中、ポケモンが自分の近くに現れると、

スマートフォンが振動して知らせてくれます。現実の時間に連動して『ポケモン GO』

の世界も昼夜の概念があります。マップ上に現れたポケモンをタップすると、

ポケモンと遭遇。画面を通して、実際の風景の上に現れたポケモンに、

画面上のモンスターボールをスワイプして投げると、捕まえることができます。

慎重に、でも早く捕まえないと、逃げられてしまうかも?というゲームです。

 

 

現実の地図上、しかも、実際の風景を見ているリアルさ、現実とゲームが

同化して楽しむゲームのため現実か夢かわからない状態とゲームのクオリティーが

高いために誰もが夢中になるようです。

 

 

 

 

ポケモンを捕まえるために使うモンスターボールは、マップ上に現れる『ポケストップ』

と呼ばれる、特定の場所で手に入れることができます。

 

『ポケストップ』ではモンスターボールのほか、さまざまな道具が手に入ります。

せっかくポケモンに遭遇できても、モンスターボールがなくて捕まえられない!

ということがないように、多くの『ポケストップ』に立ち寄って、

モンスターボールをたくさん手に入れていった方が有利になる。

 

『ポケストップ』は世界中のあらゆる場所にあります。

名所旧跡や有名なモニュメントなどはもちろん、普段気にしていなかった身近なあの場所も、

実は『ポケストップ』かも?しれません。

 

そのため、『ポケモン GO』のゲームの取り扱いに注意喚起がされています。

重要な施設に入らないでくださいや子供たちがゲームに夢中になることを想定して

教育委員会からの申し入れもされています。

 

 

偽アプリの注意喚起!

現在、ポケモンGOそっくりの偽アプリが出回っており、間違えてダウンロードしないよう

様々なセキュリティー会社が注意を促している。

 

中には、ダウンロードの際に電話帳やメールなどの情報にアクセス許可を求めることがあり、

個人情報を抜き取られてしまう恐れがあるようだ。

ダウンロードする際は、しっかり配信元の確認をしてほしい。公式サイトから確認!

>> Pokémon GO特設ページ詳細はこちらをクリック