本物の実力のあるセールスレターの書き方

セールスレターの書き方は、表現方法を意識した内容ではなく 本物ならではのものではなくてはなりません。

→ >> 本質のコピーライティング大全

本質のビジネスSEO術の億を生み出す機動力その効果

 

 

「本質のコピーライティング大全」は、「次から次へと学ぶ事が多く、 気づけば全て一気に聴いてしまいました。非常に勉強になりました」 といった感想ももらっています。

 

世の中には様々なノウハウやテクニックがありますが、 それを10倍、100倍にするのが、 このノウハウ、考え、ビジネスの本質だと思っております。

 

こうして結果が出ているのも、講義の中でお話している事を、 本当にそのままやっているだけなので、間違っていない事も証明。

 

それは、先を読ませるテクニック・・・、 興味を抱かせるテクニック・・・ ヘッドコピーを作るテクニック・・・、 テクニックだけを並べれば山ほどあります。 あなたも多少は学んできたかもしれません。

 

しかし残念ながら、結局は「成約率を上げる」ことを最大の目的としているのです。 もちろんそれは「当たり前」かもしれません。 買って貰わないとビジネスは成立・存続できませんから。 しかし書けども書けども結果が伴わない・・・。

 

 

それは、派手なデザインややりすぎ感もある演出方法ではなく、 本物実力の表現のコピーライティングでのセールスレターの 書き方は、一過性のものであってはなりません。 真のセールスレターの書き方はここから始まります。

 

戸田丈勝さんが言うのには一本筋がとおた書き方があります。 表面的なテクニックにとらわれるものであってはならないです。 巷では、世の中のコピーライティング教材はほぼ全てが、 「表面的なテクニックに終始している」ことをご存知ですか?

 

購入率だ、成約率だ!と猛然とアピールするのは、 本質からズレているというのが実情です。ご存知でしたか? 確かに成約率は大事です。高ければ高いほど良いでしょう。 そこは否定しません。 しかし、ビジネスはお客様に満足して頂き、対価を得るのが本質。 つまりセールスレターもそれを実現する為の手段となるべきです。

 

表面的なテクニックで学んだライティングテクニックで書いた セールスレターが全く売れないとかよく聞きます。

→ >> http://www.sales-innovation.net/writing/

「本質のビジネスSEO術の億を生み出す機動力その効果banner2_56203」

 

 

 

表面的なテクニックで学んだライティングテクニックでは、

売り込み記事を書いてはいけないと書いていますが、 売り込み記事を書かないと次の行動には移ってくれないものです。

 

 

ビジネスというのは「価値を正しく伝えて、満足して頂き、対価を得る」ことです。 実際は、「物」や「サービス」という形あるものを 売ってその対価を得ているかもしれません。 しかし、物がそこにあっただけでは人は購入しません。 するかもしれませんが、最大化はしません。

 

そこに価値に対しての「情報」があるから売れるのです。 その価値の伝え方が適切であって、結果として相手が満足であれば、 あなたは信用を得られます。

 

あなたという人物に信頼という付加価値がつく。 今まで戸田さんがお伝えしてきたコピーライティングの重要性、そして、 「人の心を動かすセールスレターが1枚書ける」どうかです。

>> 本質のコピーライティング大全

本質のコピーライティング大全1_57640