福利法でのお金の管理は人生においてとても重要

結婚して家庭を持ち子供が生まれて人生を歩む時、お金の管理は とても重要です。

保険の加入、子供の教育資金など老後の資金ショート 起こさない人生設計は

今から始めないと後では取り返しのつかないことに なります。

お金のことを話すと下世話なイメージがつきまといます。

 

お金には「綺麗なお金」、「汚いお金」とお金を分ける気持ちは

分かりますが、お金には区別がないです。

サラリーマンが密かに副業で成果をだして稼ぐ5つのポイント

 

 

サラリーマンが毎月の給与からどうやってお金を貯めて生活していく

高度成長期の5%の福利法で30年間で3,000万円のような運用法は

今は単純の福利法はないですがやり方はあります。

このような福利法は表の世界には出ないで極一部の人たちで完結するか

お金の管理の勉強した人達が気づくだけです。

 

 

 

「72の法則」は「金利(%)×年数(年)=72」の運用で元本を2倍にする 方法です。

例えば、5%で運用した場合は何年かかるかの計算方法です。

 

72÷5(%)=14.4(年)となり14年くらいで倍になります。

その反対に7年で2倍にする時は「72÷7(年)=10.28(%)

 

金利が10.28%であれば7年で2倍になります。

サラリーマンが中古マンションを取得して運用する場合は 利回り10%以上の

物件で満室の場合は、7年後には2倍になる計算になります。

 

アパートオーナーで稼ぐ不動産投資運用。

若いサラリーマン とりわけ、20代でもアパートオーナーになれる

不動産投資法的なお金の管理 を身に付ければ、

7年で2倍にすることができます。

 

人生先に何があるかわかりません。

勤務先の会社の倒産それでも 生活をしなくて、

失業保険と退職金をすぐに2倍もらう 方法が必要になります。

 

会社は個人を守ってはくれません。だから自分で守らなくてはなりません。

お金の管理に必要な法則を身につけなくてはなりません。

 

会社での立場、一般社員のままでもいいが、

出世した方が年収は増えるのは 誰が考えてもわかります。

サラリーマンはスキルを磨き、年収1000万円の会社員となれば

お金の運用方法も変わってきます。

 

毎月貯金に回せるお金が8万円あったとすれば、

4万円を定期積立金として、 残りの4万円は複利で増やす方法で

考えて積み立てる方がリスクの分散で 必要なことです。

 

複利で高い運用方法は調べればたくさんとは言いませんがあります。

 

バブル時代のように高い金利でもないし、景気の状況も違いますが 間違いなく、

サラリーマンでも確実に複利で資産を増やしている人は います。

儲かっている人や成功している人は密かに稼いでいますが

失敗している人は騒いでいますからニュースになりますからすぐに分かります。

 

 

 

年収450~550万円以上の人は間違いなく複利法を活用し、

「72の法則」を実践すればサラリーマンでも思い通りの人生が送れます。

税金も管理されていますから確定申告で納税しても収益は大きいと思います。

必要経費を引いて申告すれば、資産を増やすだけです。

短期間で2倍に増やす方法を考えて、

怪しい話には手は出さないことです。

 

5つのポイントを守って実践するだけです。

1.収入を増やす。(稼ぐ)

2.守る(家計を強くし守る)

3.運用する(複利法や投資、定期貯金)

4.計画を立てる(家計簿をつけて収支明確にする)

5.引き継ぐ(見直しを含めて継続)

 

 

毎月3万円を5%の複利で預けたら30年後に元金だけでは1,080万円

定期にしても大したことはないが、

複利で預けたら3,000万円になります。

これは実際にあった日本の福利法です。

 

出費を削減することに頭を使っても時間の無駄、

それよりは収入を増やす を先に考えて行動して実践した方が

何倍も効果的です。「お金の管理」は サラリーマンが密かに副業で

成果をだして稼ぐ方法は必要です。

 

 

 

 

>> 日本のサラリーマンは最高の職業!年収1000万円の会社員

>> サラリーマンが密かに副業で成果をだして稼ぐ5つのポイント