サラリーマンが密かに副業で成果をだして稼ぐ方法

サラリーマンは個人事業主とは違い、税金の納税が管理されています。

給与昇給は今や大手企業のみかもしれません。

 

給与が3%昇給するためには、企業はどのくらいの収益をが

上がらないとできなかと難しい企業業績が関係します。

サラリーマンが密かに副業で成果をだして稼ぐ5つのポイント

 

 

サラリーマン個人が収益を上げるために2つの壁があります。

一つは、企業の倒産や自己破産による解雇のことです。

会社都合と自己都合ではその後の生活に影響します。

そうなれば、失業保険と退職金をすぐに2倍もらう 方法が必要になります。

 

もう一つは、給与の昇給が望めないアベノミックスで

どう資産を増やすことが できるでしょうか。

その為にどうやって生活を守るかが大切になります。

単純に「投資だ」「株式投資」「日経225」と思っても成功は難しい。

 

「お金の管理」の勉強がしていないから給与をもらっても

お金が増えない ことになります。

サラリーマン個人が収益を上げるためには、

この2つのことを考えなくてはなりません。

 

よく、保険屋さんがあ「あなたの保険見直ししませんか?」

とダイレクトメールや 勧誘電話来ますよね。

あなたは「面倒くさい」「保険に加入させるんだろう」 と思うと思います。

トップの保険マンは「お金の管理」の勉強しているから

どうすればお金が増えるか知っているからです。

 

 

 

あなたは「72の法則」はご存知ですか?

72の法則とは、複利の時、

預けたお金が何年で元の2倍になるかを概算する方法。

72を利率(%)で割った値がほぼ正しい数字で表せられる方法です。

 

「72の法則」は「お金の管理」の勉強した方や

ファイナンシャル・プランナー(略:FP)、

保険の運用を担当している人や銀行の大口の資産運用を

担当している人は 知っている内容です。

「72の法則」は複利法の一つです。知っていると お得な内容です。

 

複利法の具体的な例として、バブル時代の日本で実際にあったことです。

年利5%で毎月3万円づつ複利で積立をしました。

銀行に預ける定期や貯金とも違います。

 

毎月3万円で複利で増やして30年たったらいくらになると思いますか。

回数にして360回です。3万円が30年で1,080万円(10万円以下なら定期なら0.025%)

5%の複利で30年間、毎月3万円づづ預けると元金と利息でいくらでしょう。

 

複利法の反対として単利法があります。

複利法の計算方法は、「新元金=元金+元金×利率 =元金×(1+利率)」

 

 

 

サラリーマンは独身がいいか既婚がいいかといえば、既婚の方が

税金面から行くと有利になります。理想の女性は探さなくてはなりません。

例えば、かわいい店員さんに声をかけたり知り合いの

きっかけで 結婚に結びつける方法があります。

 

家庭が持って、マイホームを購入、一戸建てや分譲マンションを購入するとき

「お金の管理」は重要になります。住宅やマンション業者では、

年収を先に聞きます。毎月いくなら支払いができますかとはあまり聞きません。

それは、銀行から借りられる金額が違うからです。

 

 

 

この5つのポイントが必要になります。

サラリーマンは給料は急には上がりません。

だから、5つのポイントが必要になります。

FPの専門家に家計の見直しをしてもらえばいいが

料金は4~5万円が 掛かりますが、その効果はあります。

 

テレビとか家計の見直しはムダをカットすることばかりかけて、

本人は本当の「お金の管理」しています。

無駄をカットと言っても 必要経費は増えるもの。

 

例えば、20歳で車を買って定期的に買い替えをした場合、

80歳までに いくらかかるか。その時の車を200万円とした場合は

車検や点検、ガソリンと オイル代、保険(自賠責保険・任意保険)を

含めると2,000万円以上かかります。

 

その5つのポイントとは、

1.収入を増やす。(稼ぐ)

2.守る(家計を強くし守る)

3.運用する(複利法や投資、定期貯金)

4.計画を立てる(家計簿をつけて収支明確にする)

5.引き継ぐ(見直しを含めて継続)

 

この5つは極一部のFPや保険の人たちが知っていることです。

株で稼ぐ技術を身につけることも必要だが 複利のことはすごく大切です。

 

先ほどの、毎月3万円を5%の複利で預けたら30年後に元金だけでは1,080万円

定期にしてもさほどですが、複利で預けたら3,000万円になります。

これは,30年前の外国でなく、日本にあったことです。

 

複利をしっているのと知らないで定期預金に預けてもほぼ元金のままです。

投資は、その内容知らないと難しいです。

 

サラリーマンが「お金の管理」を身に付けると周りの景色が違って見えます。

アベノミックス今の好景気に乗れます。サラリーマンでも家を建てて

貯金が2,000万円あるという人もいます。年収は500万円くらいです。

 

無駄を削減するよりは、収入を増やすを先に考えて行動した方が何倍も効果的です。

サラリーマンが密かに副業で成果をだして稼ぐ方法は必要です。

 

 

 

>> 日本のサラリーマンは最高の職業!年収1000万円の会社員