Googleの検索エンジンの精度が上がった

SEO対策が十分ではないサイトは検索結果で圏外に飛ばされてしまい大変でした。

それは、8月ごろです。

以前作った無料ブログが圏外へ

やはり有料ブログの凄さを痛感しました。

 

 

● 格安レンタルサーバーについて

 

レンタルサーバーには大きく分けて2つあります。

無料レンタルサーバー 、有料レンタルサーバー があります。

 

無料のレンタルサーバーについては月額が無料だったり、

 

費用がかからないから格安と言えますし、そう思います。

 

費用がかからないから経済的は良いが、色々と問題もあります。

 

無料の場合は月額が無料で良いが、ホームページやブログに

自動的に広告が挿入されます。

 

キーワードとかポイントになる部分の大事なところに広告が挿入され

厄介なことになります。

 

格安のレンタルサーバーは過去にある業者が突然資金繰りが付かず

閉鎖したという過去がありますので、選ぶ際の注意していただきたいと思います。

 

最近ではGoogleアドセンスなどしてクリック報酬が多くなった成果

有名なサイト以外は広告収入が入らなくなってきました。

 

大手の検索エンジンのHPの右上のちょっと下の方にバナーの広告は

月に数千万円の広告費かかるそうです。

そのくらいなら無料レンタルサーバーも成り立つと思います。

 

ですが、そのような業者さんは一部です。

 

それは、円高、デフレ経済で経費節減で苦労している会社も多いです。

今年の夏は消費電力15%として日本中が節約しましたが、今年の冬は

もっとEcoを意識した節電が求められます。

 

効果的なレンタルサーバーを借りてする場合は、節電効果がある

サーバーに世の中は移行すると思います。

今年の冬の計画停電では、バックアップやバックボーンが重要になります。

 

 

これからのレンタルサーバーはECOがポイントになり、有料でもデータの

管理をする内容が必要になります。

 

 

専用・共有レンタルサーバーのどちらかになります。

個人の場合はで費用はかけたくないが安全は落としたくない人は

”共有レンタルサーバー”になります。

 

 

テンプレートの更新によりバージョンアップによりデーターベース

サーバーのMySQLのバージョン、PHPのバージョン違いにより

動かなくなる場合があります。

 

 

起業家や企業としては、

 

SSL管理も併せて”専用レンタルサーバー”となります。

SEO対策したテンプレートでは、HTMLサイト、WordPress、MT(Movable Type)

などのテンプレートがありますが、個人の場合は問題ないですが、

企業や起業家ですとWeb上でお店を出す場合、ライセンスのご購入

必要な場合があります。

 

 

 

使いやすいテンプレートもありますし、SEOに好かれる構造とキャッシュが

早くないとお店を出した意味がなくなります。

検索エンジンで検索しても表示されなければ意味がないです。

表示されても1ページ目の上位に表示されないと誰も見てくれません。

レンタルサーバーは有料をお薦めします。

 

 

個人の場合は”共有レンタルサーバー”

テンプレートはWordPressの有料のテンプレートをお薦めします。

ソースコードの配置が全然違いますから。本文が上位に配置されています。

SEOに好かれる位置です。

 

 

 

● 有料の設置スペース

レンタルサーバーを使ってホームページ、ブログ・サイトを作成する

場合は、その使い方により無料か有料の選択になります。

例えば、広告を入れたくないと有料がお薦めです。

ホームページ、ブログ・サイトとその内容により大きく選択肢が変わってきます。

 

 

ブログやサイトを作り込みは100ページものであれば、

サーバー容量は約60MBくらいです。

無料のホームページやブログのトップページは2MBくらいです。

 

 

ドメインの数多く使う場合でも1GBもかからないと思います。

容量が2GBもあれば半分余るような感じです。

 

 

ただ、最近はサイト、ブログはソーシャルメディア時代に入り

動画・フラッシュ、音楽を掲載すると今までの容量では

足りなくなってきます。

また、Facebookやツイッターも無料ではなくなりサーバーが必要と

言われていますコンテンツを増やした場合はです。

その他、携帯・スマートフォン用のレンタルサーバーの需要も

大きくなってきています。

 

 

有料レンタルサーバーがいいのはもう1つあります。

それは、クローラーの巡回してきた時のアクセスのしやすさです。

 

無料や格安のサーバーはクローラーが巡回しきてアクセスがしにくい

そのため、サーバーの中のデータを持っていけずインデックスがされない

ことが起きます。

 

せっかく作ったブログやサイトがインデックスされなければ検索エンジン

で検索しても表示されない現象がおきます。

それは、お店に商品が並んでいないことを意味します。

お客さんがお店に来ても棚の上に商品が並んでいない。

欲しい商品を求めてお店に来たのに、商品が陳列されて

いなければ他のお店に行くようなものです。

 

 

 

■商業用、アフィリエイトでの選び方

ホームページやブログ・サイトで情報商材や物販を

アフィリエイトする時、レンタルサーバーによっては使用不可の場合もあります。

 

無料レンタルサーバーは特にアフィリエイトは使えない場合が多いからです。

有料でも格安のサーバーでもアフィリエイトが使えないものもあります。

趣味系のホームページやブログはそれほど問題はないですが、

稼ぎ系のホームページやブログを運営する場合は選ぶ内容が全然違ってきます。

 

 

 

 

 

■FTPソフトについて

レンタルサーバーを決めて、ホームページやブログを立ち上げたら

記事を書くとファイルが必要になります。

サーバーとテンプレートをつなぐものがFTPソフトです。

 

その自分のPCにあるファイルをサイト・ブログ、HPにアップする際

レンタルレーバーとサイトをつなぐ役目が必要になります。

 

自分のパソコンからレンタルサーバーを通してサイトやブログ、

ホームページにアップする手助けがFTPクライアントソフトです。

 

「FFFTP」 ソフトは無料で入手できます。

お薦めは、FireFTPです。

自分のパソコンからサーバーにアップする時にエラーが少ないからです。

 

 

 

■有料テンプレートとは

人気テンプレートでも紹介していますが、

SEOに強く、検索エンジンで上位表示しやすいテンプレートです。

そして、何より使いやすいテンプレートがお薦めです。

WordPress-BBC4は最新です。「賢威5.0」の推奨テンプレートは

WordPressです。

 

 

 

それは、軽くて使いやすいからです。

ソースコードの配列がいいからです。SEOに強いといえます。

クローラーが巡回してサイトやHPの全てのデータを持ち帰って

インデックスする早さが違ってきます。

サイトを作って普通は2~3週間かかりますが、

有料テンプレートは早ければ3日くらいでインデックスに登録されます。

その違いです。

キャッシュが早いことはそれだけビジネス上、商い上有利になります。

 

 

例えば・・・、

 

お店の前に商品を並べお客さんが来たときに早く買ってもらえます。

インデックスが遅ければ、お客さんが来ても商品が入荷が遅く

お店に商品が並べることが出来ずお客さんは何も買えずそのまま

帰ってしまいます。

 

 

HTMLサイトやMTサイトは何が違うかといいますと

ソースコードの配列の違いとキャッシュの早さの違い

MTサイトはページ数が増えますと重くなって開くに時間がかかることです。

 

 

MTサイトは人気が高いのはデザイン性が優れていることですが

重くなることが欠点です。

 

 

HTMLサイトはキャッシュが遅いことです。良い点は持続性は一過性でなく

継続性は長いのが特徴でよい点です。

 

 

WordPress-BBC4が優れているのは最新のHTML5.0、CSS3.0の使用になって

軽く仕上がってよりキャッシュが早いことです。

賢威5.0のWordPressはデザインが豊富でソースコード配列が一番良いと

言われています。

XHTML、CSS2.0で、こちらも今までの中では最新です。

 

 

BBC7や賢威7.0でもWordPressについてはサーポートが付いています。

動画解説がついていますから安心です。

 

 

 

 

森 ヒロのレンタルサーバーはお名前.comを使用

レンタルサーバーはお名前.comのレンタルサーバーを借りて運営しています。

 

 

 

 

>> メルマガの詳細はこちらをクリック