あのアニメが30年ぶりに放送、テーマ曲は知っていますか

誰もが知っているアニメです。
永遠の憧れの峰不二子が好きなお宝は
宝石です。間違っても○ックスのことではありません。

人を感動させるものです。人を感動させるものは
色々とあります。アニメもそうです。
アニメを見て感動するものはたくさんあります。

アニメのテーマ音楽を聞きますとそのアニメの
映像が目に思い浮かべると思います。
1フレーズ聞くとそのアニメのストーリが
人気アニメであれば、テーマ曲にインパクトが
あればなお更です。

あのルパン三世の新シリーズが30年ぶりに
スタートします。放送は深夜枠になりますが、
日本テレビで毎週木曜日深夜に放送予定と。

あなたは、ルパン三世はお好きですか?

子供の頃からルパンが大好きでワクワクして
みていました。そのルパン三世が新しくおねます。
テーマ曲はきになりますが放映新しくなると
テーマ曲が変わる場合があります。

そして、今回の新シリーズでは、
永遠の憧れ、峰不二子の他に
ヒロインが登場するとか!?

謎の美少女が出てくるそうです。

どんな話なのかな~と、
期待が募る一方ですが、ルパンといえば
あのテーマ曲は外せません。

どんな曲だったっけ?という方は、
今回のヒロインニュースと一緒に
こちらをご覧ください。

http://www.cinematoday.jp/page/N0076121

サックスで結婚式の人気の曲が吹ける!

サックスの結婚式で人気の曲を吹けるようになりたいと思いませんか?
ご存じの方も多いかもしれませんが、
1年間で再生回数80万回を超えた思わず泣ける
人気の動画がありますこの動画では、
仕事一筋の真面目で、口下手な父親が、
全く音楽知識のない初心者の状態から
アルトサックスを2人の結婚式の余興の為に、
一念発起して仕事の忙しい合間を縫って
吹けるように練習をするのです。
その結婚式の余興の曲は、
ルパン三世ではなく、
福山雅治さんの「家族になろうよ」

このカッコイイ曲ですね。
メイン楽器はアルトサックスです。
それが自分で演奏できたら、
ちょっと良いですね。格好良く吹きたいですね。

子供の結婚式に父親として、アルトサックスを
自分で演奏できたら素晴らしいですね、

サックスという楽器なのですが、楽器というと
「音楽は苦手だったしなぁ・・・」
と敬遠しがちな方もいらっしゃると思います。

でもご安心ください。
楽器をやってみたいけど、
音楽はチンプンカンプン、
という方にピッタリの楽器なんです。

まず、音を出しやすいです。
なので、初めての方でも挫折しにくいです。
これが他の楽器になると、
音が出るまでに時間がかかります。
ギターなどは、
コードを押えられなくて挫折してしまいます。

そういう心配がなくて、音を出しやすい。
そして、穴を押さえてドレミファ、
と音を変えるんですが、
その押え方が、
小学校の時のリコーダーと同じなんです。

あなたも音楽のテストの前に頑張って
練習しませんでしたか?
エーデルワイスとか、さくらさくらとか。
あの時の苦労が今、報われます(笑)
押え方が同じなので、初めて吹くという方でも
迷わないんですね。

初心者用の基礎レベルから上級者が参考になる
サックスにまつわる多くの技術を紹介しています。
初心者でも上級者でも「ルパン三世」のテーマ曲は
参考になる楽曲のひとつです。
ロングトーンや半音階の練習曲にもなります。

そして何よりも、「音がカッコイイ」
このカッコイイ楽器で、
ルパン三世が吹けたら・・・・。
結婚式や宴会、
発表会の主役はあなたで決まりですね♪

とはいえ、いきなりサックスと楽譜を買ってきて
吹いてみようと思っても、吹けませんよね。
なにせドレミが読めない、サックスの指の動かし方も、
構え方も分からないと思うのです。

そこで、初めてチャレンジする方にぜひ知って頂きたい
サックスを教えてくれる先生はすごい人です。
教えてくださるの先生は、
あのジャズ・サックスのトッププレイヤーの
吉野ミユキ先生です。

アルトサックスは一見単純だと思われますが、
技術は多岐にわたります。

吉野先生は、日本中を駆けまわって
ジャズセッションをしていたり、
ご自身でもサックス教室を開いて
教えていらっしゃったりと、
サックスの教本を出してサックス指導の重要な
役割を担っていたり、
本当にすごい先生なんです。

しかも、先生のレッスンには他にない、
面白い特徴があります。
基本的に、次の3ステップでレッスンは進みます。
「見る」「歌う」「吹く」 の簡単3ステップ。

「歌う」???
ちょっと気になりますね。
歌うって何でしょうか。
これが、他のサックスレッスンにはない、
面白いところです。

サックスの良い音の出し方が分からない!!

サックスが良い音の出し方が分からないという
悩みはありませんか?
1人で何とか吹いてみるがどうも上手く吹けず、
良い音が出ない。
それは、サックスの音は9割が、呼吸法がカギを握っています。
その為、この吉野ミユキ先生監修の歌うだけでサックスが
ぐんぐん上達する初心者向けアルトサックス講座は、
いい音を出すコツとして、歌って上達する、
面白いサックスレッスンをしてくれる
講師の先生はトッププレイヤーの
吉野ミユキ先生です。
独自の練習方法を取り入れられています。

吉野先生のようなプロ奏者はその日の練習開始の
「ウォーミングアップ」を
必ずロングトーンから始めます。
・プロ奏者でも、必ず最初はロングトーン。
やっぱり、凄く重要なんでしょう。

アルトサックスの練習と
基本操作を身に付ける

一つの音を出来るだけ長く吹き伸ばすことですが、
これがどうしてなかなか奥が深いんですね。
・なぜか、奥が深いロングトーン。
ロングトーンをするかしないかだけで、
5年後や10年後に差が付くそうです。

ロングトーンは、文字通り長い音を吹いで、
ひとつの音をただ伸ばすだけですが、
熟練の度合いによって同じ練習をしていても
意識していることも違います。
そして、なぜロングトーンを練習するのか、
しっかり目的を持つことが大切です。

サックスの練習の最重要練習は半音階
・半音階って面倒くさいし難しいですよね。
だからやりがいがありますよね。

サックスは基本的にタンギングが出来ないと、
話にならないと云うくらいの、
管楽器を演奏する人なら必ず覚えなければならない、
基本中の基本の技法です。

アルトサックスの指の動かし方は、
アルトサックスの指の動かし方や指使いが上手くできていますか?
大人から始めたアルトサックス初心者の方の悩みとして多いのが、
「楽譜が読めない」や「指使いが難しい」ことでしょう。
サクソフォンの主鍵部分の指の動かし方の理想は、
指の第一と第2関節が内側に少し曲がった軽くボールを
掴んだような形で押さえるようにすることです。

サックスの手入れの仕方は、
アルトサックスの基本的な手入れの仕方をご存じですか?
サックスは一見頑丈そうに見えますが、
とても繊細な楽器なので長持ちさせるには練習後の
掃除や手入れを欠かさないようにすることが大切です。
そして、サクソフォンを持って組み立てる時や外す時は、
キーの部分を直接持たないようにして、
演奏後は、管の中にたまった唾を綺麗に拭きとって掃除がポイント。

吉野先生は、プロのジャスサックスプレイヤーで、
日本中で演奏活動をされている一流の先生です。
一流の先生なのですが、
とっても気さくで面白い方です。

レッスン方法も独特で、
サックスの音色のニュアンスを歌って
体で覚えよう、
という面白い内容になっています。

ですから、夜遅く、
ご近所さんが気になってサックスを吹くのは
気が引ける・・・
なんて時にも、歌って上達できます。

コレが今、忙しい大人の方に大人気なんです。
大人の趣味としてサックスをマスターしたいなら、
想像以上に短期間で、
楽しくサックスが吹ける方法です。

しかも、このレッスンなら、
楽譜にはドレミが全部書いてあるので
見てすぐ吹けるように工夫してあります。

全く音楽経験がなくても、
楽しく吹くことが出来るんですね。

結婚式や宴会の主役となり、
カッコ良いアルトサックス、
なんていかがでしょうか。
結婚式では娘さんやお婿さんに感動を与えることになります。
宴会では、「アルトサックス」でルパン三世を演奏すると
きっと人気者になれること間違いなしです。

更に、ワンランク上の演奏をしたいと思いませんか?
同じフレーズ(メロディー)をアルトサックスで演奏しても、
強弱やテンポ等の違いによって、落ちつきのある演奏になったり、
元気が良いなどといったような表情を感じさせることと、
音の強弱とテンポもフレーズの表情に大いに関係があるのです。

ルパン三世の楽曲にもありますビブラートの
かけ方をご存じですか?
そもそもビブラートをかけるというのは、
真っ直ぐに伸ばしている音にある一定の上下動の波のピッチや音量、
音色の変化などを加えることで、そして、良いビブラートとは、
その上下動の波が心地よい柔軟性や豊かさ、
やさしさなどを与えるものと言えるでしょう。
ジャズが好きでサックスを始めた方などは、
そんなビブラートに憧れている方も多いことでしょう。

しかも今なら、吉野先生オリジナルの
「いい音を作る練習方法」を
プレゼントしています。
ただし、このプレゼントは3日後に特典はなくなります。
是非とも手にしてもらいたいものです。

プレゼントはこの4曲!
♪「オール・オブ・ミー」
※フランク・シナトラも歌った名曲。誰もが一度は耳にしたことがあるはず。
♪「マイ・フェイバリット・シングス」
※ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」で歌われる名曲。
♪「茶色の小瓶」
※明るく陽気なメロディのジャズの定番曲。
♪「ムーンライト・セレナーデ」
※CMなどでもよく使われるロマンティックな雰囲気の曲。

実際にレッスンで使う楽譜をぜひご覧ください。

⇒ >> 吉野先生の「レッスンで使う楽譜」はこちら

 

アルトサックスのしびれるような音色
かっこよくて憧れる魅力的な楽器ですよね。
現在50代以上の方でも、
若い頃に憧れていたという人も多いのではないでしょか。
そして、誰しも歳をとるものですが、
50代になればこれまでの人生の振り返りながら、
これから先の60代、70代の未来の自分の人生について
考えることが多くなってくると思います。

心身の健康こそが人間にとって最大の幸せであると思うのです。
では、何がそれをもたらしてくれるのかといえば、音楽であり、
より具体的に言えば、アルトサックスだと思うのです。

何故なら、サックス(SAX)という楽器は、
とても幅広いジャンルに登場してきて、年齢性別問わず、
世界中の多くの人に愛されているからです。
中でもアルトサックスは大人の初心者から
上級者までとても楽しめる楽器で、
それを生かさないのは本当にもったいない。

ぜひお早めにご確認下さい。

>> 吉野先生の「いい音を作る練習方法」はこちら

 

ウェブ・セールスライターは副業から始める
優れたライターになるために必要なこととは?【特典付】

※メルマガ登録はこちらからです。
ゲートの先には新しいものを五感で体験してみは。
⇒ >> 優れたライターになるために必要なこととは?

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

ページの先頭へ