旅費規定を知ってるか知らないかで、税額が…

出張の度に小遣いが減るとは?
旅費や宿泊費の増加負担費用が経費で精算できない。
個人起業家、会社員、会社役員、オーナーが
今まで経費精算が認められて、
会社経営者も出張手当で節税し、
しかも、清算事務の簡略化することができ
時短をする結果になり、その時間を
短縮することで換算したら大きな効果が
出るなんって。

・出張手当で節税対策!
・清算事務の簡略化を実現
・近距離出張にも対応

私も出張はそんな多くはないのですが、
宿泊のホテルも社員の役職で宿泊金額が
社内規程で決まっていますが、
宿泊費が10,000円で泊まれるホテルを
探したことがないですか。

宿泊費が1万円以上の場合は、出張手当で
穴埋めをしてくださいと言われたこと
ないですか。しかも非課税扱いって
知っていましたか。

出張の多い人や旅費の多い人は
「旅費規程活用マニュアル」の
「旅費規程2.0バージョン」です。
これを知ってるか知らないかで、税額がこんなにも
変わるなんて驚くと思います。
知らない中で後で知った時、後悔だけしか
残りませんでした。

それはどういうことですか?
「そう言っても、それを購入しても
たいして変わらないでしょう。
それを購入しても費用的効果はあるとは
思えないのですが…」

旅費規程活用マニュアルお客様の体験談

・このマニュアルには一式入っているので、そのまま流用できます!

自営業 男性

マニュアルを購入しました。
私は現在、税金対策のために自分の会社を作ろうとしています。
出張旅費による対策は視野に入っていましたが、
税務署と後々揉めないような旅費規程の策定、
帳票の準備等、煩雑な作業があると思っていました。
そんな折、このマニュアルに出会いました。
このマニュアルには、それらが一式入っているので、
そのまま流用できます。
私の時間を取って準備する手間が省けて大変助かりました。

・税理士の立場でマニュアルの内容と同じ様な形式で提供しています!

税理士 男性

旅費規程活用マニュアルを読ませていただきました。
大変良く考えられていると思います。
私も税理士の立場で顧問先に対してはマニュアルの内容と
同じ様な形式で提供しておりますが、
最近の調査においては国内、海外出張を問わず
日当の計算根拠についての質問がかなり
シビアになってきていると感じています。
その対応としては、やはり形式を
整えてゆく以外にはないと考えます。
これからもマニュアルを参考にさせていただき、
事案等を勘案し対処してゆきます。

旅費規程活用マニュアルお客様の声の続きはこちら

>> 旅費規程活用2.0と出張手当で節税対策の体験を!