あなたは「フルーツ」はお好きですか?

スイーツに含まれる糖分は太りやすいのか
フルーツに含まれる糖分は太りやすいのか

新潟で設計WEBデザイナーをしておりますモリタです。
WEBコンサルを得意としていますが、
スイーツが大好きなスイーツ男子です。

西洋スイーツは明治元年から150年。
1868年の明治元年から平成30年で150年。

明治以前の江戸時代は鎖国をしていました。
そのため植民地とされることなく伝統文化継承。
約270年の江戸時代は世界最高の最新情報と
教育高水準を維持したまま鎖国をして
植民地されずにすみました。

「野菜は意識してとっていても
果物はあまり食べない方がいい」
これは間違った情報のようです。

フルーツに含まれる果糖、ブドウ糖、ショ糖などは、
糖の結合数が少ないためデンプンなどに比べると
体内に吸収されやすいことが知られています。
これが

「フルーツを食べると太る」

説の根拠の一つです。

スイーツの中でも「ショートケーキ」「タルト」
「パンケーキ」はフルーツとは切っても切れない中です。
1868年の明治元年から平成30年は150年。
西洋スイーツ、フルーツも今年で150年となります。
スイーツにはフルーツは合いますが、
野菜がスイーツとのコラボケースは少ないようです。

鎖国時代でも長崎の出島を開港し、オランダから
世界の情報を入手してしていました。
教育、政治、経済、スイーツやフルーツも世界の
いいところをピックアップしていました。

食べるためのフルーツ、スイーツも例外ではありません。
和菓子、洋菓子はフルーツと上手く融合しています。

健康な人は果物を1日200g程度とっても問題ないようです。
スイーツ同様食べすぎれば太りやすくなりますが
『抗酸化』という側面を考えると、
やはり、フルーツは食べた方がいいそうです。

 

果物にはビタミン、ミネラル、食物繊維、

フィトケミカルが含まれています。
これらは体の調子を整えたり、疾病予防に役立ちます。

フィトケミカルとは、野菜や果物の色素や辛み、
香りの成分の総称で強い抗酸化作用を持ち、
体内で発生した活性酸素を取り除くといわれています。
さらに、免疫力を高め、病気を予防する働きもあります。

厚生労働省、農林水産省が作成した
『食事バランスガイド』によれば
1日に野菜は350g、果物は200g摂取することが
目安となっています。
野菜は「不足している」とよくいわれますが
実は、野菜よりも果物のほうが不足しているそうです。

果物200gは、みかんなら2個、りんごなら1個、
バナナなら2本くらいの量。
バナナは他の果物に比べて糖質量が多いので
バナナよりもみかんやキウイフルーツなどが
「フルーツタルト」「ショートケーキ」
「パンケーキ」のトッピングにいいそうですよ。
スイーツとフルーツのコラボは増えそうです。

来年の2019年の4月以降は新しい「元号」になります。
明治、大正、昭和、平成と、次の150年後は
どんなスイーツとフルーツが出来ているでしょうか。
そしてどんなロングセラー商品が出来ているでしょうか。。

 

今はスイーツのホームページ(HP)

ランディングページ(LP)作成代行しています。

綺麗なホームページは作りませんが
キーワード検索しやすく上位表示しやすい
HP、LP作りをしています。

スイーツのホームページ(HP)の
「まるごとお任せワードプレス」のお問い合わせは
⇒ >> 「まるごとお任せワードプレス」はこちら